FC2ブログ
育児奮闘&日々のとりとめのないことをつづってまいります☆ Since 2006
page top
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
何から書こうかな・・・
ここ最近、いろんなことがありすぎて・・・
やっと少し余裕が出てきたので久しぶりにブログ更新。
なにから書こうかな・・・

まずはやっぱり「東日本大震災」のこと。

3月8~10日まで、ひなたんはお熱で幼稚園お休み。
もうすぐ幼稚園も終わりなのでなんとか行かせたいなぁ~と思ってた。
震災の11日、熱も下がり元気もあるし午前保育だし幼稚園へ!
行かせてよかったな。
お昼に帰宅しヒーローとひなたんと三人で午後はごろごろしていた。
そして2時46分・・・大きな揺れ・・・
ドアを開けて逃げ道を確保、でも2日前にも地震があり、
その時は津波50cmだったから・・・だめだね、つい大丈夫って思っちゃって。
その時外にお向かいのおばあちゃんがいたので
津波どうでしょうねぇ~なんて話をしてたんだけどまた揺れて。
その時子供達が「ママ!逃げないの!?」ってせかしてくれて、
お昼に買ったパンの袋をつかんで向かいのおばあちゃんも一緒に車に乗せて
避難所である小学校へ車を走らせた。
運よく通帳保険証すべてバッグにいれてたし、
たぶん大丈夫だからすぐ戻ってくるって言う気持ちだったの。

小学校の校庭にはたくさんの車と人が。
小学生はまだ下校前でお迎えの保護者の来るのを待ってた。
携帯を見ると心配する母からメールが。
「避難した」と返信したが送れたかどうか・・・その後携帯つながらなくなって。
車の中で余震がすごいし寒いし早く体育館に入りたいよ~なんて考えてた。
子供達がおびえないようにお友達を見つけては「ほら来てるよ~」なんて言ったり。
津波がいつ来たのかなんてぜんぜん知らなかった。

体育館へ行くと幼稚園の先生達や子供達もいっぱいいてすごく安心したよ。
たくさん人がいるだけでこんなに安心するんだね。
借りた毛布に包まって度重なる余震の間、携帯ワンセグでニュースを見たりしてると
周りの人が話している声が聞こえてくる。
「〇〇さんちが流されたって」
「学校下の道路まで水が来てる」
・・・え?本当に津波来たの???
しかもこんな近くまで???
 
見ていないから半信半疑だったけど、
聞こえてくるラジオの音、ワンセグのニュース、大きな余震・・・
ただ事ではないことだけが分かり何がなんだか分からなくなり。

ひなたんはことの大きさがまだ分からず、
まるで幼稚園のお友達とのお泊り会のように楽しそう。
でも創造力豊かで繊細なヒーローはお友達がいるのにも関わらず
避難してきたときからほとんど声を発しないで不安そうな顔。
いったいいつまで避難所にいればいいのだろう。
夜になり外は雪が降り始め、停電のため暖房もなくものすごい寒い。
先生達がホッカイロを分けてくれたけどぜんぜん足りない。
子供達が風邪引かなきゃいいけど。

かばんから持ってきたパンを出して子供達にあげた。
食べれば少し元気出るでしょ。
でもヒーローはいらないといって死にそうな顔・・・かわいそう。

パパとも連絡が付かなくて、でもパパの職場は津波こない高台だし
職場のみんなもいるからきっと大丈夫だろう、でもパパが心配してるな、
と思っているとパパの姿が避難所の入り口に!
良くぞ来てくれた!
山側の道を通ってどうにか来てくれたって。
ヒーローもひなたんもパパと会えて少しほっとしたみたい。
でもパパはあたし達の安全を確認するとまた職場へ。

その後夜中にパパも避難所へ来て一晩避難所で明かすことに。
余震の続く中、子供達は布団や毛布に包まって何とか寝てたけど
あたしもパパも寒さと不安でほとんど眠れなかった。

つづく。


コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL

© ☆Super Hero Time☆. all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。